日比谷花壇、葬儀のネット中継 新型コロナ感染拡大で

2020/4/28 10:03
保存
共有
印刷
その他

生花販売・イベント事業の日比谷花壇(東京・港)は5月1日から、葬儀のインターネット中継を始める。パソコンやカメラ、マイクなどを葬儀会場に設置し、動画共有サイト「ユーチューブ」の専用ページで葬儀を中継する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために少人数の葬儀が増えている。ネット中継によって参列がかなわない関係者の心情に配慮する。

同社が手掛ける葬儀「日比谷花壇のお葬式」の利用者に、無料で提供する。対象地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県と大阪府、京都府、兵庫県。サービスの提供期間は「葬儀への会葬が自粛される当面の間」としている。ネット中継の利用を希望する関係者に、専用ホームページのアドレスを伝える。

同社が個人の葬儀でネット中継サービスをするのは初めて。人の密集を避けるために10人未満の葬儀を推奨してきたなか、参列を自粛せざるを得ない葬儀関係者から残念だとする声が絶えないため今回のサービスを始める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]