/

米国防総省が「UFO」映像を公開

【ワシントン=芦塚智子】米国防総省は27日、海軍のパイロットが撮影した「未確認の飛行現象」の映像3本を公開した。映像は数年前に流出し、「UFO(未確認飛行物体)の存在を証明するもの」と様々な臆測を呼んでいた。

同省によると、映像は2004年11月と15年1月に撮影された。海上を高速で飛行する物体や、雲の上で回転するコマのような形の飛行物、空中に浮遊していた楕円形の物体が急に高速で飛び去る様子などが映っている。パイロットが「あれを見ろよ!」などと驚く声も録音されている。

同省の報道官は公開の理由を「映像の真偽や、映像にそれ以上のものがあるかどうかといったことに関する国民一般による誤解を解くため」と説明。映っている飛行物体は依然として「未確認」とみなすとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン