/

抗原検査キット、1社が薬事承認申請

厚生労働省は27日、新型コロナウイルスをPCR検査より短時間で検出できる抗原検査用のキットについて、国内メーカー1社から薬事承認に向けた申請があったと明らかにした。厚労省の担当者は「性能評価を急ぐ」としている。

承認申請をしたのは「富士レビオ」(東京・新宿)で、自治体からPCR検査を請け負っているみらかホールディングスの傘下企業。

抗原検査は簡易検査の一種で、同ウイルス特有のタンパク質と反応する試薬を使い、ウイルスの有無を調べる。インフルエンザなどの診断と同様、鼻の奥の粘液などを綿棒で採取して検査する。

現在主に使われるPCR検査が結果の判明までに数時間かかるのに対し、抗原検査はその場で数十分ほどで結果がわかる。このため普及が期待されるが、精度が低いという課題も指摘されている。

抗体検査でも同様に短時間で検査できるが、発症直後は抗体の量が少ない。厚労省の担当者は「診断に使うことは現段階で考えていない」という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン