/

三井住友FGとSBI提携の背景は?

2020年4月28日の日本経済新聞朝刊1面に「三井住友FGSBI提携」というニュースがありました。両社はスマートフォン(スマホ)金融で提携し、投資信託や保険を相互に取り扱います。銀行とネット証券の大手が互いに手を組む理由は何なのでしょうか。

提携に至った背景には2つの要因があります。1つ目は業種の垣根を越えた競争が激しくなっていること。楽天やLINEのように巨大な顧客基盤をもつ異業種が、決済や証券などのスマホ金融に力を入れています。こうした顧客の囲い込みに対抗するため、ネット証券が主力事業のSBIは三井住友FGとの協力を進めます。銀行のリアル店舗は、スマホ金融では届きにくい顧客との接点になります。

2つ目の要因は、サービスのデジタル化を進めたい三井住友FGの戦略と合致したことです。個人向けの融資や運用など、スマホ金融のサービスを広げたい三井住友FGにとって、デジタル化は避けて通れない道です。ノウハウを持つSBI傘下の証券会社に出資することで、スマホ向けの新たな営業体制をつくる狙いがあります。

両社の強みと弱みを補完しあう、ウィンウィンの提携といえそうです。一方、消費者にとって一番気になるのはサービス面です。私もスマホ金融ユーザーの一人ですが、家計簿アプリやネット証券を選ぶうえで最も重視するのは使いやすさです。よい協業であっても消費者にとってメリットが感じられなければよいサービスとはいえません。これからどんな商品開発が進むのか楽しみです。

20代編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は4月28日の朝刊1面を読んでみてください。
この記事をまとめた人:渡部加奈子
2015年入社。保育・女性活躍の取材を経て、コンテンツマーケティングを担当。早くオフラインで新入社員に会ってみたい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースを分かりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン