スポートピア

フォローする

ルーキーたちへ 先回りは益なし、今できること全力で
サッカー解説者 福田正博

2020/5/1 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中大を出た私が三菱重工(現浦和レッズ)に入社したのは平成元年(1989年)の春、バブル経済の絶頂期だった。就職は売り手市場で終身雇用、年功賃金といった日本的雇用慣行がぴかぴかに輝いていた。ドイツのボルシアMGへの短期留学なんて話も用意されていたくらい。

しかし、入ってみたら様子が違う。当時の日本リーグは秋春制で入社間もない89年4月、住友金属(現鹿島)に引き分けた三菱が初めて2部に落ちる試合を目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

スポートピア 一覧

フォローする
ドルトムント―バイエルン・ミュンヘン戦で、競り合う両チームの選手。5月16日に再開したドイツ・リーグは無観客でシーズンを乗り切る=APAP

 プロ野球に続きJリーグもJ2とJ3が6月27日、J1が7月4日に試合を始める。油断は禁物だが、少し明るい先が見えてきた気はする。
 ドイツは一足早く5月16日にリーグを再開させた。6月中旬には英国、ス …続き (6/5)

バブル経済真っ盛り、ルーキーだった筆者にはボルシアMGへの留学話もあった。写真は2020年3月、無観客で行われたボルシアMG―ケルン戦=共同ロイター

 中大を出た私が三菱重工(現浦和レッズ)に入社したのは平成元年(1989年)の春、バブル経済の絶頂期だった。就職は売り手市場で終身雇用、年功賃金といった日本的雇用慣行がぴかぴかに輝いていた。ドイツのボ …続き (5/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]