/

この記事は会員限定です

アビガン、高齢者などへの早期投与推進を要望 日医

[有料会員限定]

日本医師会は27日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として治験や研究が進む「アビガン」について、重症化するリスクの高い高齢患者などへの早期投与を推進するよう自民党に要望した。現状、研究目的の場合は医師の判断だけでは患者に投与できない。入院初期から医師の判断で投与しやすくするよう求める声が医療現場から上がっているという。

自民党の岸田文雄政調会長宛てで要望書を提出した。

高齢だったり基礎疾患があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン