/

「オンライン国会」提言 立民青年局、感染防止へ

立憲民主党の青年局は27日、新型コロナウイルスの感染防止に向け、インターネットを通じた国会への遠隔出席や採決への参加を可能にする「オンライン国会」実現に向けた法整備を党執行部に提言した。

行政手続きのオンライン化徹底や、公職選挙のネット投票も提唱。記者会見した中谷一馬青年局長は「提言を実施すれば、接触8割減を目指すのは可能だ」と強調した。

国会での感染防止策を巡っては、自民党の若手有志もウェブ会議の導入などを求める改革案を公表している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン