8/11 7:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月11日 141.349 +0.824

[PR]

商品ニュース

NY原油の買い越し急増 1年8カ月ぶり高水準

2020/4/27 20:00
保存
共有
印刷
その他

ニューヨーク市場の原油先物取引で、ファンドなど大口投機筋の買越残高が大幅に増えた。原油価格が急速に下落したことで、相場の底入れを期待した投資マネーが流入。上場投資信託(ETF)などを通じた先物買いが膨らんだとみられる。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、21日時点の買越残は58万7180枚と前週比15%増えた。3週連続で拡大し、18年8月以来、1年8カ月ぶりの高水準となった。20日には期近物が史上初のマイナス価格まで下落。売り持ちをしていた投機筋が、お金をもらって買い戻すという取引も多かったようだ。

原油ETFは決済期限が近づいた期近物を売り、期先物を買って乗り換えるケースが多い。目先の価格急落リスクを回避しようと、決済期限が比較的遠い9月物などを買い建てる動きが広がった。

ニューヨーク原油先物は日本時間27日午後の電子取引で、取引の中心となる6月物が前週末より1割ほど安い1バレル15ドル近辺で推移する。日産証券の菊川弘之氏は「少しでも相場が上向くと利益確定売りが出やすい地合いで、当面は上値が重くなりそう」とみる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム