川重、フェースシールドを生産 兵庫の2工場で

2020/4/27 19:00
保存
共有
印刷
その他

川重は工場のリソースを活用して医療用フェースシールドなどを生産する

川重は工場のリソースを活用して医療用フェースシールドなどを生産する

川崎重工業は27日、新型コロナウイルスの感染防止のため自社の兵庫県の2工場で医療用フェースシールドと医療用ガウンの生産を始めたと発表した。医療物資は20日からすでに川崎病院(神戸市)に寄贈しているほか、今後兵庫県を通じて県立病院にも提供する予定。

医療用品を生産するのは兵庫県の神戸工場(神戸市)と播磨工場(兵庫県播磨町)。普段はトンネル掘削機械や舶用機械、発電用エンジンなどを手掛ける製造ラインのメンバーが、工場で素材を加工し、在宅勤務時に組み立てて生産している。2工場では工場を稼働しつつ、在宅勤務を取り入れている。

医療用フェースシールドは鋼材加工に使う透明の型紙フィルムを活用し1日あたり最大500個、医療用ガウンは同1400着の生産が可能だという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]