/

衆院静岡4区補選、深沢氏に当選証書 「節目に責任」

26日投開票の衆院静岡4区補欠選挙で初当選した深沢陽一氏は27日、静岡県庁で県選挙管理委員会から当選証書を受け取った。深沢氏は式典後、新型コロナウイルスの感染拡大の中での選挙戦について「この節目に当選し責任を感じる」と記者団に語った。

衆院選のあり方については「また人を集めない状況で選挙をするのか、(新型コロナが)落ち着いた状態でするのかでも状況が変わる」と指摘。その上で「集会を開けないならできる限り外に出て1人で訴える形が中心になる」と述べた。

深沢氏は自民党新人で公明党の推薦を受けて立候補し、立憲民主など野党4党が推薦する無所属新人の田中健氏らを破った。投票率は34.10%で、4区が現在の区割りになってから過去最低となった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン