[社説]イスラエルが負う和平の責任

2020/4/27 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1年に及ぶイスラエルの政治的な混乱に収拾のめどがついた。ネタニヤフ首相が率いる与党の右派勢力と、野党の中道政党連合が連立政権の樹立で合意した。

イスラエルは中東情勢を左右する存在だ。続投するネタニヤフ氏はパレスチナ問題などでいたずらに地域の緊張を高めることのないようにしてもらいたい。

イスラエルでは昨年4月以降、3度にわたる総選挙でも与野党の決着がつかず、新政権が発足できない状態が続いていた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]