/

この記事は会員限定です

「AI科学者」実現へ一歩 自然言語処理を活用

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

人工知能(AI)による自然言語処理の技術を研究活動に活用する機運が高まっている。この分野で注目されている企業がデータ解析のフロンテオ。独自開発のAIエンジン「コンセプトエンコーダー」で創薬や認知症診断などライフサイエンス分野を手がける。論文や実験・臨床データを読みこなして研究の指針や仮説を作る「AI科学者」の実現を見据えている。

フロンテオはこのほど、AIを利用して新型コロナウイルス感染症に効く既存薬を探索...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン