/

首相「全責任は自身に」 10万円巡る混乱陳謝

安倍晋三首相は27日の衆参両院の本会議で、新型コロナウイルスへの対応の全責任が自身にあると説明した。2020年度補正予算案に計上した1人当たり10万円の一律給付をめぐる混乱についても改めて陳謝した。

補正予算案は10万円給付への組み替えに伴い、国会提出が1週間遅れた。首相は「もっと早くという批判は私自身の責任として受け止めなければならない。国民に心からおわび申し上げたい」と述べた。「すべての責任は首相である私にある」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン