大企業スタートアップ投資「減らす」9割、協業後退も

2020/4/27 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大企業のスタートアップ投資が減速しそうだ。デロイトトーマツベンチャーサポート(東京・千代田)のアンケート調査によると、大企業の投資子会社などの9割が2020年の投資を19年より減らす意向を示した。新型コロナウイルスの感染拡大で本業の業績が悪化しているためだ。近年は大企業が国内投資をけん引しており、影響は大きい。外部の技術を自社の開発に生かすオープンイノベーションが後退する可能性もある。

デロイト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]