/

この記事は会員限定です

初夏にかけて、ひょうの季節?

編集委員 気象予報士・安藤淳

(更新) [有料会員限定]
■天気のなぞ
 暖かい南風から一転、北風へ。風向きが大きく変わるとき、局地的豪雨や雷雨が発生する場合が多い。地上付近の暖気と上空に入った寒気の影響で大気の状態が不安定になるからだ。これから初夏にかけての時期はひょうも伴いやすい。時にはあたり一面真っ白になるくらい降り積もることもあり、交通障害などに注意が必要だ。

ひょうは発達した背の高い積乱雲で発生する。高度数千メートルの冷たい上空で氷の粒ができ、落下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン