揺らぐ東南アの食品供給 労働力不足や輸出禁止
Nikkei Asian Reviewから

2020/4/27 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=ディラン・ロー】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東南アジア諸国連合(ASEAN)の食料品のサプライチェーン(供給網)が危機にひんしている。移動制限や輸出禁止措置で供給業者の人員が不足し、安定供給が難しくなっているためだ。

シンガポールの鶏肉供給業者、トーティサン・ファームが提供する鶏が痩せ細っている。かつては1羽当たり2キログラムの重量だったが、現在では1.3キログラムまで減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]