/

この記事は会員限定です

関西の自治体、テレワーク拡大に試行錯誤

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めようと政府が緊急事態宣言を発令して半月あまり。行政機関でも出勤抑制の取り組みが広がる。住民情報の管理徹底などの課題もあるが、高い目標を達成しようと関西の自治体も試行錯誤を重ねる。

職員の出勤を5割減らす目標に今月半ばから取り組む堺市。消防など現場に行く必要がある職員を除き、非正規職員を含む約5900人を対象にテレワークや休暇取得などで実現を目指す。

コロナ感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン