/

着用快適なニットマスク 島精機、製造データ提供で拡大

ストラップが編み込まれた一体構造のマスクが生産できる(和歌山市の島精機)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、コンピューター横編み機大手の島精機製作所が製造データを提供するニットマスクの生産が広がっている。同社の横編み機の一部機種を購入している企業がデータを活用し、マスクを編み上げる。データ提供数はすでに300件を超えた。

同社の主力製品「ホールガーメント」は製造データを入力すると、ニット製の衣服や手袋などを縫い目無しに3Dプリンターのように編み上げることができる。3月からマスクに応用できるデータの提供を始めた。

ホールガーメントのマスクは8種類あり、いずれもストラップが編み込まれた一体構造だ。耳への負担が少なく、一般のマスクのようにストラップを縫い込む必要がない。1枚を8分台で製造できるマスクが多い。不織布の衛生マスクと異なり、ウイルスや花粉を遮断する機能はないが、せきやくしゃみの飛沫防止などには有効という。

サポーターなどを製造しているマルエーニット(奈良県大和高田市)は新たな横編み機を導入し、マスクの増産に乗り出した。これまでは島精機の編み機に自社の製造データを使っていたが、島精機のデータを使うと「形が良く顔によりフィットするうえ、製造時間がこれまでの半分で済む」と話している。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン