「リスク背負う覚悟」 浜松いわた信用金庫・御室理事長
コロナ危機地方揺らぐ

2020/4/27 14:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の対象が全国に広がり、静岡県でも経済の縮小が続くとみられる。浜松いわた信用金庫(浜松市)には、製造業をはじめとした中小企業から融資の申し込みが相次いでいる。御室健一郎理事長はインタビューで「地域企業の存続と雇用の維持のため、リスクを背負って融資を実行していく」と語った。

――企業への支援状況を教えて下さい。

「金庫の今の経営方針は『新型コロナ対応』…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]