/

この記事は会員限定です

つくば市とrevot、防護マスクを医療機関に提供

[有料会員限定]

茨城県つくば市はドローン開発の筑波大学発スタートアップ、revot(同市)などと連携し、新型コロナウイルスの感染症防止対策のため、飛沫感染を防ぐフェースシールド(防護マスク)を製作し、市内の医療機関などへ提供した。

産業技術総合研究所の小田啓邦上級主任研究員がつくば市にフェースシールドの製作を提案した。市とrevot...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン