関電、フィンランドで陸上風力発電に参画

2020/4/27 14:10
保存
共有
印刷
その他

関西電力は27日、フィンランドで陸上風力発電事業に参画すると発表した。オランダの全額出資子会社を通じ、発電所を開発・運営する特別目的会社の持ち株会社の株式15%を近く取得する。取得額は明らかにしていない。欧州での風力発電への参画は4件目となる。

この事業では首都ヘルシンキの北約450キロメートルの内陸部に大型風力発電機41基(総発電容量約21万キロワット)を建設し、2021年に商業運転を始める予定。フィンランドで最大級の陸上風力発電所になるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]