/

この記事は会員限定です

岩手銀頭取「収束後へ迅速な取引先支援がカギ」

コロナ危機 トップらに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者が全国で唯一確認されていない岩手県。だが、県内では国の緊急事態宣言を受けて外出自粛ムードが高まり、需要減に苦しむ中小企業などが増えている。岩手銀行の田口幸雄頭取は「流行が収まると同時に地域経済を回復軌道に乗せるためにも、取引先支援のスピードがカギになる」と気を引き締める。

――取引先にどんな影響が出ていますか。

「2月14日に専用の経営相談窓口を全店に設け、これまで取引先のうち約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り832文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン