大村氏のイベルメクチン、新型コロナに効果 米ユタ大が報告

2020/4/27 12:24
保存
共有
印刷
その他

抗寄生虫薬のイベルメクチンを新型コロナウイルスの患者に投与したところ、投与していない患者に比べて死亡率が約6分の1に低下したとの報告を米ユタ大学などの研究チームがまとめた。重症化した患者にも効果があったというが、治療に使うにはさらに確度の高い試験が必要としている。

イベルメクチンは2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が開発した。アフリカなどで寄生虫による感染症…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]