/

この記事は会員限定です

ゲームセンター運営会社の倒産、コロナが背中押す

企業信用調査マンの目

[有料会員限定]

クレーンゲーム機などのアミューズメント機器レンタルや販売を行っていたエターナルアミューズメント(東京・千代田、以下エターナル社)が、4月1日に負債84億円を抱えて自己破産を申請した。「Asobox」の店名で全国にゲームセンター(アミューズメント施設)を約100店舗運営し、店舗数の増加とともに売り上げが急拡大してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって経営環境が大きく悪化。突然の臨時休業の末、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン