/

この記事は会員限定です

プロ経営者、後継には不向き 経営者JPの井上和幸社長

M&Aの決断(4)

[有料会員限定]

華やかな経歴を持つ「プロ経営者」に事業を継承してもらえれば、安心して引退できそうだ。そう考える中小企業オーナーは多いかもしれません。果たしてそれは正解でしょうか? 実はそうでもないのです。

以前、ピカピカの経歴を持つ方を日系オーナー企業の後継候補として紹介したことがあります。大手企業に入社してコンサルティングファームに転じ、投資ファンドが買収した企業を再生した経験もあります。人格面も優れていたので...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン