/

スタートアップの千、保育テック強化へ企業買収

日経クロステック

人工知能(AI)を使った卒園・卒業アルバム制作サービスを手掛けるスタートアップの千(東京・千代田)は24日、保育業務支援サービスを運営する保育ICT(東京・千代田)を買収したと発表した。保育ICTは保育日誌の作成支援や保育士の勤怠管理、園児の体調や睡眠状況の管理といったサービスを提供している。千は保育ICTのサービスを取り込み、保育現場の業務全般をITで支援する保育テック事業を強化する。

千は保育園や幼稚園の卒園アルバムの制作を支援するAIサービス「はいチーズ!アルバム」を運営する。顔認識AI技術を使って子どもごとの写真枚数を自動集計できるため、アルバム内に出てくる子どもの数をできるだけ同じにする保育士の作業負担を減らせる。保育ICTはパソコンなどで園児の情報や保育計画を管理するクラウドサービス「Hoisys(ホイシス)」や、センサーを使って園児の午睡状態を管理するサービス「Hoimin(ホイミン)」を提供している。

千は保育ICTの全株式を2020年3月31日付で取得した。取得金額は非公表。保育ICTは存続し、それぞれ事業を続ける。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため保育所の休園が広がるものの、再開後に保育所の業務支援需要が高まるとみて事業強化を図る。

(日経クロステック/日経コンピュータ 玉置亮太)

[日経クロステック 2020年4月24日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン