めざすは研究室産ステーキ 培養肉が地球を救う
食を拓く(2)

食を拓く
2020/5/10 2:01 (2020/5/12 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食卓に欠かせない肉。世界で需要が増えるなか、家畜の飼育だけに頼らず、研究室で肉を育てる試みが進む。食肉の生産で生じる温暖化ガスを減らして森林の保全にもつながる。

■ウシの細胞から培養

東京大学(東京・目黒)の研究室。白い皿の上に1センチメートル角のおいしそうな赤身のサイコロステーキが載る。「ウシの細胞を培養した肉で色は食紅で付けた」と開発した教授の竹内昌治(47)は語る。細胞を培養して作製した世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]