/

この記事は会員限定です

めざすは研究室産ステーキ 培養肉が地球を救う

食を拓く(2)

(更新) [有料会員限定]

食卓に欠かせない肉。世界で需要が増えるなか、家畜の飼育だけに頼らず、研究室で肉を育てる試みが進む。食肉の生産で生じる温暖化ガスを減らして森林の保全にもつながる。

ウシの細胞から培養

東京大学(東京・目黒)の研究室。白い皿の上に1センチメートル角のおいしそうな赤身のサイコロステーキが載る。「ウシの細胞を培養した肉で色は食紅で付けた」と開発した教授の竹内昌治(47)は語る。細胞を培養して作製した世界初のステーキだ。

培養肉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食を拓く

「おいしいものをもっと食べたい」。最先端のテクノロジーが人間の飽くなき欲求にこたえるべく革新を続けている。世界の人口増が続くなか、環境にやさしい持続可能な食料生産を目指す動きもある。次世代の食を切り拓(ひら)く先駆者たちを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン