/

この記事は会員限定です

前倒しで敷金の半分返還、資金繰りに対応 日本商業不動産保証

[有料会員限定]

オフィス賃料の保証を手がける日本商業不動産保証(東京・港)は、オフィスの入居企業が支払った敷金の半分を、ビルオーナーから返却してもらうサービスを月内に始める。通常、企業は退去時に敷金を受け取るが、新型コロナウイルスの感染拡大で企業の資金繰りが悪化していることから前倒しして対応する。

同社が敷金の返還分に保証を提供する。テナント企業からは返還金額の5~10%を手数料として受け取る。テナント企業が倒産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン