アビガン、早期承認は未知数 米欧にスピード感で後れ

2020/4/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待が高まるアビガンの国内での早期承認が課題となっている。厚生労働省は申請後の審査の期間を短縮して年内の承認をめざすが、緊急的な対応での特例扱いでどこまで早められるかは未知数だ。もともと米欧などに比べ薬を現場で使えるようにするまでの仕組みが硬直的で、スピード感が劣る問題もある。

アビガンは富士フイルム富山化学が抗インフルエンザウイルス薬として2014年に製造…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]