衆院静岡4区補選、投票率最低に コロナ下で初の国政選

2020/4/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の望月義夫元環境相死去に伴う衆院静岡4区補欠選挙が26日投票、即日開票され、自民党新人で公明党が推薦する深沢陽一氏が初当選を決めた。投票率は34.10%で、同区が現在の区割りになってから過去最低となった。外出自粛の要請などが投票行動に影響を与えたとみられる。

新型コロナウイルスの感染拡大後は初めての国政選挙だった。与野党による事実上の一騎打ちの構図で、政府の新型コロナ対応が焦点となった。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]