自民・深沢氏が初当選 衆院静岡4区補選、投票率低下

新型コロナ
静岡
政治
2020/4/26 21:33 (2020/4/26 22:00更新)
保存
共有
印刷
その他

衆院静岡4区補欠選挙で初当選を決めた自民党の深沢陽一氏(左)。握手の代わりに腕を合わせた(26日、静岡市)=共同

衆院静岡4区補欠選挙で初当選を決めた自民党の深沢陽一氏(左)。握手の代わりに腕を合わせた(26日、静岡市)=共同

自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区補欠選挙は26日投票、即日開票された。自民党新人で公明党が推薦する深沢陽一氏が初当選を決めた。立憲民主、国民民主両党など野党4党は候補者を無所属新人の田中健氏に一本化して臨んだが敗れた。

新型コロナウイルスの感染拡大後では初めての国政選挙となった。選挙戦は与野党による事実上の一騎打ちの構図で、政府の感染拡大への対応策などが焦点となった。

投票率は34.10%で、同区として過去最低だった前回を19.62ポイント下回り、過去最低を更新した。

期日前投票をしたのは有権者の9.86%に当たる3万1917人だった。新型コロナの感染拡大を防ぐための外出自粛の要請なども影響したとみられる。

深沢氏は望月氏の後継として防災対策を進め、地元のインフラ整備に力を入れると訴えた。野党統一候補の田中氏は新型コロナ対策が遅いと政府・与党を批判した。

各陣営とも屋内での大規模集会は自粛し、大人数を集める街頭演説も実施を控えた。SNS(交流サイト)などを使って支持を呼びかけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]