マンション修繕積立金、自宅担保に融資 住宅機構

2020/4/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

老朽化が進むマンションの修繕を金融支援する仕組みができる。住宅金融支援機構はマンション所有者が自宅を担保に修繕積立金を借りられるローンを2020年度中に投入する。大規模修繕の費用を民間金融機関と協調融資することも検討する。今後、一段と深刻な問題になりかねない住宅資産の劣化を資金面から防ぐ仕組みを官民一体で築く。

機構は毎月の修繕積立金を将来分もまとめて一括で貸し出す。一般に修繕積立金は月1万~2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]