ATM利用6割減 コロナ禍、個人「脱現金」加速も

2020/4/26 19:20 (2020/4/27 7:05更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で個人の現金需要が低下している。4月中旬の東京都内の銀行店舗のATMからの現金の引き出しは1カ月前と比べ約6割減った。外出自粛の影響が大きいとみられる。紙幣を通じた感染リスクへの意識も背景にありそうだ。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行の大手町・丸の内、新宿、吉祥寺の各支店のATM利用状況を聞き取った。4月第3週と1カ月前を比べると現金の引き出し件数はそれぞれ約6割減った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]