/

この記事は会員限定です

穀物輸出に規制の動き 新型コロナ禍、最貧国で食料難も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が世界の食料事情に影響を与えている。小麦やコメなどの生産国では国内市場の安定を優先し輸出を規制する動きが広がり、国際市場で穀物の価格上昇につながっている。途上国では雇用の喪失や輸送網の混乱も広がり、世界食糧計画(WFP)は特に最貧国で食料不足に直面する可能性があると警告した。

最大の小麦輸出国ロシアは、4~6月の小麦や大麦など穀物輸出に割当制を導入した。割当量は700万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン