/

神奈川・逗子の崖崩れ ミキモト元社長が死亡

神奈川県逗子市小坪4の海岸沿いで崖崩れがあり、宝飾品大手「ミキモト」(東京)の元社長、春日豊彦さん(74)=同市小坪=が巻き込まれて死亡したことが25日、同社への取材で分かった。ミキモトによると、春日さんは1993年から2003年まで社長を務めた。

崖崩れの発生時期や原因は分かっていない。24日午後に県警や消防が崩れているのを確認し、土砂の中から春日さんを発見、神奈川県が氏名を公表した。県が遺族らの意向にかかわらず、災害の死者や安否不明者の氏名を原則公表すると3月に決定後、今回が初めての公表だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン