/

1都3県で「12連休」初日 公園では遊具閉鎖

(更新)
ネットで囲まれ、遊具の使用ができなくなった井の頭恩賜公園(25日午前、東京都三鷹市)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県が企業に12日間の連続休暇を呼びかけた初日となる25日、各交通機関では土曜でも混雑は見られなかった。密集を避けるため、すべての都立公園で駐車場や遊具が閉鎖された。

JR東日本や東海によると、各新幹線の自由席乗車率は軒並み10%以下と低水準で、山形新幹線では東京駅出発時点で0%の列車も出た。高速道路も全国的に混雑はなく、空の便も22日の発表では29日から5月6日までの間、前年同期に比べ予約数は国内線88%減、国際線97%減となった。

都立井の頭恩賜公園(武蔵野市、三鷹市)では、遊具の周りにオレンジ色のネットが張り巡らされていた。公園の利用自粛を呼びかける放送が流れ、普段はカップルらでにぎわうボート乗り場も閉鎖。一方で互いに距離を取りながらジョギングや散歩を楽しむ人らも目立った。

三鷹市の男性会社員(36)は1歳の息子を連れて散歩に訪れた。「息子がマンションで走り回るので、外の空気を吸わせてあげたくて来た。すべり台で遊ばせたかったが、きょうは15分くらいで帰ります」と話した。

ジョギング中の武蔵野市の男性会社員(43)は「人出の少なそうな朝方を選んで来た」。自転車で並走する長男(8)は「本当は弟と一緒に広場で遊びたかったけど、今日はサイクリングだけで我慢する」と話した。

小池百合子都知事は24日の記者会見で「ウイルスは人と人との接触で広がる。この連休は正念場」と説明。25日から5月6日の12日間を「ステイホーム週間」と位置づけ、企業に連続休暇を呼びかけ、都民に外出自粛を求めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン