遺族、事故の風化に危機感 尼崎脱線15年

2020/4/24 22:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR福知山線脱線事故の遺族には、風化を懸念する声がある。

今年は新型コロナウイルスの影響で、JR西日本主催の追悼慰霊式が中止になる。「命日に事故現場で、冥福を祈れないことはとても残念だ」。兵庫県西宮市の山本武さん(71)は話した。

事故で妻、淑子さん(当時51)を失った。事故後も山本さんは通勤に福知山線を使った。乗るのは決まって2両目。そこはいつも淑子さんが乗っていた車両だ。「行ってくるよ」。事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]