/

学生逮捕で野球部活動停止 路上生活者殺害、朝日大

岐阜市で路上生活をしていた男性が殺害された事件で、傷害致死容疑で逮捕された19歳の男子大学生2人が在籍していた朝日大(岐阜県瑞穂市)は24日夜、2人が所属していた硬式野球部の無期限活動停止を決めたと発表した。同部の藤田明宏監督はこの日に辞任届を提出し、学長は受理した。また大学は2人を自宅謹慎とした。

朝日大は教員らでつくる調査委員会を設置。事実確認を進め、今後、懲戒処分を検討する。

大学によると、24日に野球部の監督が保護者らと連絡を取り、学生の逮捕を確認。県警からの照会はないというが、捜査には全面的に協力するとしている。

大学は「亡くなられた男性のご冥福をお祈り申し上げる」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン