/

この記事は会員限定です

大阪の飲食店6割「減収7割以上」 コロナで本社調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大阪府が外食業界に営業時間の短縮を要請したことで飲食店の経営が大きな打撃を受けている。要請後1週間の売上高は6割の店舗で前年同時期に比べ7割以上減った。「今までに経験したことのない減収」に直面する。売り上げ減少を少しでも補おうと、宅配に力を入れる動きが広がる。負担の重い家賃の減免を望む声が多く、公的支援の議論も必要になりそうだ。

大阪府は14日から飲食店に対し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン