/

高松まつりの中止申し入れ 高松市長、振興会に

高松市の大西秀人市長は24日の記者会見で、8月12~14日に開催予定の「第55回さぬき高松まつり」について、市と共に主催を担う高松まつり振興会に中止の申し入れをしていると述べた。新型コロナウイルス感染の収束が見通せないことから、新たな感染を防ぐため判断した。市長の申し入れにより、中止は避けられない状況となった。

最終的な決定は例年、5月末に開かれる振興会の役員会で決まる。1964年の開始以来、73年と94年に水不足の影響で中止となったことがある。昨年は台風の影響を受け、目玉となる花火大会などが中止となっていた。大西市長は「市民の健康への危険を冒すようなことはすべきではない、ということを考えると開催は中止すべきである」と話した。

さぬき高松まつりは香川県で最も規模の大きな夏祭りで、2018年には58万人が来訪した。開催最終日に実施される「総おどり」では、様々な種類の踊りが特徴の「自由連」が個性あふれる踊りを披露する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン