/

山口県の休業協力金、パチンコ店などに最大30万円

山口県は新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請に応じたパチンコ事業者などに最大30万円の協力金を支給すると発表した。対象になるのは、少なくとも25日から5月6日まで連続して休業する事業者。

支給金額は1店舗あたり15万円。多数の店舗を経営する事業者では30万円が上限になる。村岡嗣政知事は20日、県内に福岡県や広島県からの来客が急増しているとして、県内の遊技・運動・遊興施設に休業を要請した。

県は対象の約3500事業所に支払う協力金の費用として5億2500万円を補正予算案に盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン