/

この記事は会員限定です

学校とコロナ禍 風土や指導見直す契機に

藤川大祐・千葉大学教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で学校教育に大きな影響が出ている。千葉大学の藤川大祐教授(教育方法学)は、今回の問題を契機に学校の風土や指導のあり方を見直すべきだと主張する。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校は東京都や千葉市では約2カ月に及ぼうとしている。日本の教育史上でも異例の事態だ。学習への影響もさることながら一番心配なのは子どもの心身の健康であり、最大限の配慮が必要だ。特に思春期の中学生は親...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン