熊本知事「迅速果断な対応、補償が支え」新型コロナ
コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

2020/4/28 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本県の蒲島郁夫知事は2016年の熊本地震の経験を踏まえた初動対応の重要性から、今回の新型コロナウイルスではクラスター発生が疑われた時、すぐに関係者にPCR検査をしてもらった。経済対策では企業向けの融資枠をすでに1500億円分確保している。自治体が迅速果断に動くため、国による補償の重要性も訴えた。

――県内経済の現況をどうみていますか。

「3月時点で中小企業の約7割が『新型コロナの影響がある』と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]