/

この記事は会員限定です

コロナ禍、ネット接客広がる裾野 不動産やアパレル

三菱地所はVR内覧 TSIは対話アプリ活用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのまん延をうけ、不動産やアパレルがインターネットを活用した接客や販売に乗り出している。三菱地所は仮想現実(VR)を、TSIホールディングスはスマートフォンの対話アプリを使う。外出自粛で来店客が減るなか、従来は対面での丁寧な説明が重視されていた業界にもデジタル技術による接客で活路を探る動きが広がってきた。

三菱地所グループの三菱地所レジデンスは東京都心部での新築マンション販売でネット接客を始めた。大手不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン