新日本科学とパソラボがPCR検査の受託を開始

2020/4/24 17:46
保存
共有
印刷
その他

鹿児島市は24日、保険適用によるPCR検査が新日本科学とパソラボ(鹿児島市)の民間検査機関2施設でも始まることを明らかにした。

新日本科学は試薬が確保でき次第、月内にも安全性研究所(同)で実施する。1日当たり約20人分に対応するが、鹿児島県や県内各市町村の医師会の医療機関からの依頼に基づいて受託することを予定しており、個人や民間企業からの申し込みは受け付けないという。

パソラボは城山ラボラトリー(鹿児島市)で24日から検査を始めた。検査能力は1日当たり約40人分で、当初は厚生労働省指定の帰国者・接触者外来を持つ医療機関からの受託となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]