富裕層だけではない 相続課税強化、中流層も「標的」
人生100年お金の知恵(3)

税金
相続
2020/4/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「税額が100万円程度の小規模な申告の件数が増えている」。東京都、神奈川県など首都圏で相続税の申告を扱うランドマーク税理士法人の清田幸弘代表税理士は話す。

■2015年に相続課税が強化

相続税は富裕層の税金、自分には関係ないと考える人は多いのではないか。実際、2018年の被相続人(亡くなった人)1人当たりの課税財産額は1億3956万円、税額は1813万円と高額だ。しかし今後は「自宅と金融資産で50…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]