「五十八歳、山の家で猫と暮らす」平野恵理子さん 自然の中で一人の生活満喫
あとがきのあと

2020/5/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

八ケ岳の麓での暮らしを生活に密着した作品で知られるイラストレーターがやわらかなタッチの絵とともに細やかにユーモラスにつづった。浴室に「訪問」してくる虫たちとの格闘、庭先の餌箱に毎朝やってくる小鳥、特急あずさに乗って出かける「松本遠足」、咲き誇る花々を楽しみに励む庭仕事――。「あっという間に2年半。一人も悪くないのよ」と日々を楽しむ。

子供の頃に両親が購入し、家族でよく遊びに行った「山の家」が今の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]