/

コンサドーレ、2期連続の最終赤字

サッカー・Jリーグの北海道コンサドーレ札幌を経営するコンサドーレ(札幌市)が24日発表した2020年1月期の単独決算は、最終赤字が1億4900万円(前の期は1億6500万円)に縮小した。広告の新規獲得が計画に未達だった一方でチーム強化費がかさみ、2期連続の最終赤字となった。

オンライン上で取材に応じる野々村芳和社長(24日、札幌市)

売上高は前の期比20%増の35億円。YBCルヴァンカップで決勝進出を果たしてホームゲームが増え、動員も好調だったため興行収入は23%増えた。ルヴァンカップの賞金を含むJリーグ配分金収入は61%増えた。

今期は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公式戦が中断されている。試合数の減少で興行収入も減ると見られ売上高は36億円、最終赤字は3億7800万円を見込む。株主総会に続いてオンラインで記者会見した野々村芳和社長は「間違いなく赤字の幅は大きくなる」とした上で、「少しでも前に進むことをやりたい」と話した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン