太陽光発電、ドローンで点検 ウエストが中国最大手と

2020/4/27 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽光発電設備大手のウエストホールディングス(HD)はドローン(小型無人機)世界最大手の中国DJIと組み、ドローンを使った太陽光発電設備の保守管理事業を始めた。NEC系なども関連サービスを展開する。太陽光など再生可能エネルギーは需要拡大が見込まれるが、設備の点検などを担う人材が不足。ドローンなどデジタル技術の活用が急務となる。

ウエストHDはこのほど、DJIの高性能ドローンを使った保守管理事業を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]