三菱重工、修繕客船のコロナ感染が示す苦しい懐事情

2020/4/24 15:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業の長崎造船所香焼工場(長崎市)に停泊していたクルーズ船で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した。2月下旬にイタリアのクルーズ船会社から修繕を受注し、造船所の稼働率が高まると期待されたが、一転して地元を巻き込むリスク要因になってしまった。一連の経営判断からは、同社の造船事業の苦しい懐事情が透けて見える。

■初めての修繕受注

クラスターが発生したのは伊クルーズ会社コスタ・クル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]